自己紹介

大源

Author:大源
Yahoo!ブログから引っ越してきました。
なにやらチョコチョコと工作しているので、気が付くと写真を撮ってる暇がありません。(泣)
更新時に変わっている部分が多かったら弄ってる証拠です。
嫁自転車も嫁が乗ったときの要望でチョコチョコと変更されておりますが、仕事に乗って行っている為に写真を取れていません。


※ちなみにサムネイルの
〔安全╋第一〕はネタ用に購入して前かごに取り付けたのですが、嫁さんの猛反対により押入れ入りしました・・・。(・・;)
長崎市出身:現在は京都市在住

人気記事ランキング
楽天からの物欲の囁き
ブロとも一覧
無料で食事付のバイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【試験初号機】 フロント・ローラーブレーキ リア・キャリパーブレーキ

フロントローラーブレーキ
フロント ローラーブレーキ
 

 
ブレーキ系統を分けるために フロント・ローラーブレーキ を装備。
 

 
リアには ダブルピポッド・キャリパーブレーキ を装備。
 
前に2系統、後ろにも2系統のブレーキが付いています。

 
もちろんフロントも ダブルピポッド・キャリパーブレーキ
 
 

 
リアにも ローラーブレーキ
 
 
ハンドル周りのブレーキレバー計6本のとの関係はポンチ絵の様な関係。

 
ハンドルは遍歴の内容から辿り着いた マルチポジションハンドル と エアロバー の奇妙な取り合わせ。
おそらく世界に一台のヘンタイ仕様だと思われます・・・。(-。-;)
スポンサーサイト

⇒記事の続きを読む

【試験初号機】遍歴2

・・・続き
 
【正規実用型3号機】として我が家に配備された WACHSEN BC-626  ですが、
嫁号の【正規実用型2号機】が8年目を向かえ各部にガタがきたのと、雨の日に自転車で出たもののお迎えの際は車に積んで帰れる。というのを目的で購入しました。
 
【試験初号機】が内装3段変速を積んだ後に配備された外装6段式ですが、試乗すると驚くほど乗りやすい!
((“o(>ω<)o”))クヤシイー!!
 
ギア比を計算できるサイトがあったので調べてみると、内装3段式のトップギアは一気に3,1倍となってケイデンスを稼いでいないと失速してしまう。
 
BC-626の外装6段トップは14Tでママチャリの普通の歯数と同じだが、クランク側が36Tなので4速の18Tあたりも使える。
これを【初号機】に装備しない手は無い!!
 
ということで後輪の外装化がにわかに決定し、ハンドル周りもオールランダーバーにバーエンドを付けようかと模索していたところ・・・グリップより内側に長いバーがあったら握りやすいのに・・・(゜O゜;アッ!トライアスロンのアレって何ていうんだろう?ママチャリにも取り付けられるの???
 
ということで検索の日々が始まりました。
 
現在の仕様はポチポチと画像を載せているのでご参照ください。

【試験初号機】遍歴

まずは前回の改善点を改造すべく、ネットで部品を検索。
 
改造提案
①シートポストの長い物を購入して交換。
 
②シートを細長い物(スポーツタイプ)に交換。
 
③ハンドルをストレートタイプに交換。
 
④同じママチャリでも高級車に装備されている変速機を導入。
内装式と外装式と悩んだ結果、メンテナンスが不要とも言える内装式に決定。
 
⇒①について、シートポスト径を調べると25,4mmと判明。
(ネットでママチャリ・シートポストと検索したりノギスで測ったり)
オークションで350mm長さのものを探すが、このサイズは需要が無いらしく出品が無い。
ネットショッピングで探すとサイクルベースあさひブランド(UNOと刻印がある)で1280円の物があったので購入。
 
⇒②について、とりあえず腿がこすれない程度の物で安価な物を探す。
オークションで500円の出品物を発見し購入。(VEDERと書いてある)
 
⇒③について、軽快車の真っ直ぐなハンドルが欲しくて放置車両からパクッてこようかとも考えたが、ほんの1000円程度の商品でお縄になるのは悲しすぎるのでオークションで物色。
名前が分からなかったが、「オールランダーバー」と判明。300円で中古品を入手。
 
⇒④について、一番悩んだ部分で近所の自転車専門店(KON●サイクル)に相談したところ、部品と工賃込みで18000円・・・。自転車買えますが・・・。と話すと「安全に乗りたいならこれくらいは当然掛かります。」との事。
きっと良い職人さんなのだろう。
仕方ないのでオークションで車輪とハブの組んだ物を入手。出品者様から詳しく教えて頂き他にベルクランクやワイヤーがあればOKとわかり自分で交換。
 
リアのタイヤを外すのに一苦労で、外すとスタンドもなくなってしまい壁に立てかけながら四苦八苦で完成。
現在は外装変速へ移行したので、【正規実用2号機】へ移植予定。
 
途中で自転車やで見たエルゴグリップが忘れられずに、オークションで物色して購入。
しばらくは快適に乗っていました。
 
・・・・そう、【正規実用3号機】が来るまでは・・・。
 

【試験初号機】ハンドル周り


 
暫定的に4本あったブレーキレバー
 

 
ブレーキを4系統にしてブレーキレバーは計6本になりました。
 

 
まるで『鶴の舞』・・・。

【次世代試験4号機】BB・ボスフリーホイル・リアディレイラー交換


 
 

【次世代試験4号機】購入


 
試験初号機の改造の間に移動手段がなくなると困るので、ヤフオクで折り畳み自転車を物色していたところ幸運にも落札できた4号機です。
2号機と3号機は妻様なので別途記載の予定です。
 
『OUTFEEL OFB-DA27』という自転車で現在はどこにも在庫切れのようです。

 

 
雰囲気は『a.n.design a-lee407』の廉価版的な感じです。

金額が倍近いので当然といえば当然ですが、使われているコンポーネントやロード用のキャリパーブレーキ装備など高級感が漂い性能もはるかに高いと思われます。
 
ドッペルギャンガーやヴァクセンなども悩んだのですが、ドロップハンドルに将来的に改造したいと考えていたところにそのものを装備した車両があったのと1万円で落札!という幸運が重なり我が家に配備されました。
 
すでに改造された画像ですが、シートポストを400mmのアルミ製に交換してポジションを適正化してボディのステッカーを一新しています。
 
これはSoftBankのお父さん自転車に対抗して、私が使用しているau Android IS03仕様にステッカーを自作(依頼)して貼り付けた物です。
「auも景品で自転車が当たるんですね!」と道行く人たちから言われますが・・・。狙い通りです。(笑)
 
今回はBB(ボトム・ブラケット)からゴリゴリ音がしてリテーナーの割れが確認されたので、BBの交換です。
さらにリア・スプロケットを14-28Tから11T-28TのDNP製へと交換し、リア・ディレイラーもShimano RD-TX55へと交換します。
リア・ディレイラーはRD-TZ50が標準で装備されていますが、ワイヤーのテンションに負けてインデックスの調整ネジが動いてしまい微調整を繰り返さないといけないのが難点なのと、最小歯車が11Tに対応していないために交換です。
 
ヤフオクでBBを探しているとタンゲのブラケットが安く出品されていました。
タンゲ製は両側が金属製なので耐久性も考えてコレを選択。

 
クランク取り付けボルトは付属していないので、スギノ製のボルトを同時購入。
上品なケーキでも入っているかのような化粧箱に入って届きました。
 
ついでに送料一回ですむので同梱でサイコン用のライトやペダルレンチの格安出品を落札!
【試作初号機】用のBBやブレーキアウター、シフトアウターも購入しました。

 
さてさて・・・取り付けに掛かります。

【試験初号機】自転車を漕ぐ姿勢


 
自転車に長距離(といっても5km程度ですが)乗ると判ることは、「姿勢が正しくないと膝に負荷が掛かりすぎる」という事です。
幸いにも京都に越してきた際に近隣に『サイクルベースあさひ』さんなる店舗があるのを知り、ネットで情報を配信していることを知りました。
 
 
まさしく求めていた情報がここに!
 
しかし、調整さえすれば良いというものではありませんでした・・・。
 
しばらく乗っていて気が付いた問題点
①シートポストのフレームへの固定代が3cmくらいしか残っていない。
⇒ポストとフレーム固定部分を見るとスリットからポストの下端が・・・。
 
②シート(サドル)の幅が広すぎて太ももがこすれてしまう。
⇒実際にお気に入りのジーンズの股間に擦り切れて穴が・・・。
 
③低速でカーブを曲がるときにハンドルを切ると太ももにハンドルが突き刺さる。
⇒実際に身動き取れなくなってこけるところでした。
 
④シングルギアなので坂道や平坦な道が続くと辛い。
⇒近所への買い物程度は楽々なママチャリですが、中距離程度から疲労度が上がり厳しくなってきます。
 
 
そこで、改造提案
①シートポストの長い物を購入して交換。
 
②シートを細長い物(スポーツタイプ)に交換。
 
③ハンドルをストレートタイプに交換。
 
④同じママチャリでも高級車に装備されている変速機を導入。
内装式と外装式と悩んだ結果、メンテナンスが不要とも言える内装式に決定。
 
 
まずは【試作初号機】の改造の始まりです。

【試験初号機】なぜママチャリを改造するのか


 
ママチャリ【試験初号機】のデフォルト状態の画像です。
愛知県の西加茂郡のホームセンター「コーナン」で通常価格8,980円のところを、売り出し日に購入で6,980円でした。
名古屋での仕事では片道2km(往復4km)雨の日も風の日も毎日毎日相棒として頑張ってくれていました。
 
京都に引っ越してきて乗る機会が少なくなっていたのですが、片道5,5km(往復11km)を毎日乗るようになり
少しばかり不便に感じてきました。
 
なんといっても変速が無いので起伏のある道は厳しい!そして平坦な長い距離も必死で漕がないといけないので厳しい!!
 
ここから改造に覚醒します・・・。


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。