自己紹介

大源

Author:大源
Yahoo!ブログから引っ越してきました。
なにやらチョコチョコと工作しているので、気が付くと写真を撮ってる暇がありません。(泣)
更新時に変わっている部分が多かったら弄ってる証拠です。
嫁自転車も嫁が乗ったときの要望でチョコチョコと変更されておりますが、仕事に乗って行っている為に写真を取れていません。


※ちなみにサムネイルの
〔安全╋第一〕はネタ用に購入して前かごに取り付けたのですが、嫁さんの猛反対により押入れ入りしました・・・。(・・;)
長崎市出身:現在は京都市在住

人気記事ランキング
楽天からの物欲の囁き
ブロとも一覧
無料で食事付のバイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【通勤仕様特別機Mark.09】仮組み 第2段(続き)![DOPELGANGER 824 DUE]

20160323135900443.jpg

試験初号機】から受け継いだ『クランクフォワード・シートポスト』himajime自転車製にバックレストを取り付け可能な便利グッズ(おそらく子供用自転車の背もたれ)を取り付けてみました。

背中に当たる部分に使い捨てカイロのような小さなクッションが貼り付けられていましたが、塗装の際に剥いでしまいました。
ここにはいずれクッションを移植したいと思っています。

201603231359385df.jpg

ハンドル周りは「AKIWORLD RELAX BAR HD-LT-020/021」というプロムナードハンドルでレトロ風にまとめたつもりです。

2016032313594960e.jpg
201603231359580a8.jpg

…が、なにか変な事にお気づきだと思います。 そうハンドルが2本生えています。

SATORIのアジャストステムで位置決めしてステムに25.4mmのパイプ状の部品をクランプさせるのですがそこにライザーバー・ハンドルを突っ込んでみました。

このハンドルにはいずれライトであったり、ドリンクホルダーであったりをマウントする予定でアクセサリー陳列棒となるハンドルです。

20160323140032e43.jpg

ステムは純正ではポジションが低すぎる為にSATORI EASY-UPという上下に70mmスライドしてクイックレバーで簡単に固定できる便利商品を使いました。

そうそうポジションを変更することは無いと思いますが、積み木みたいなコラムスぺーサーを重ねたり外したりというポジション出しの際の儀式から免れる事が出来ます。

スポンサーサイト

【通勤仕様特別機Mark.09】仮組み 第2段![DOPELGANGER 824 DUE]

【通勤仕様特別機Mark.09】[DOPELGANGER 824 DUE]ですが、【試験初号機】と【局地仕様仮設5号機】の部品を寄せ集めて仮組を行っています。

理想の通勤仕様車輌に近づけるための部品ですが、主に中古品をオークションやサイクリーからの購入で賄っています。


2016032314014291e.jpg

前回から装飾が増えて自転車らしくなってきました。


⇒記事の続きを読む

【通勤仕様特別機Mark.09】仮組み![DOPELGANGER 824 DUE]

2016030721490477e.jpg

【Mark.09】[DOPELGANGER 824 DUE]ですが、『XTRACYCLE FREERADICAL KIT』と結合してみました。


な…ながい……。

このままでは自転車置き場に収納できないので、[DOPELGANGER 824 DUE]の折り畳み機構が必要となってくる訳です。

ちなみにメーカーの取り付けサンプルですが、

20160307215516dec.jpg
恐らく『DAHON CADENZA』でしょうか。
色合いと折り畳み機構は似ています。

欲しかったのですがなにぶん高価で手が出ませんでした。



※ステムが逆だ!じゃありません。安心して下さい。はいてはいませんが…。

【通勤仕様特別機Mark.09】手組みホイール[DOPELGANGER 824 DUE]

通勤仕様特別機【Mark.09】[DOPELGANGER 824 DUE]ですが、”通勤仕様の理想”で思うところの前後ディスクブレーキ化を目指します。

雨の日のストップ&ゴーではキャリパーやVブレーキよりも圧倒的に有利で調整も容易です。

また後々にホイールサイズを変更する場合にも、ディスクブレーキの場合はローター径の問題が解決すればフォークとチェーンステーの間隔の内側に入るものはサイズ変更が可能です。(26インチ→700C・29erなど、ダウンして24インチ化も可能)

そこでディスクブレーキ用の26インチホイールで比較的に安価に入手できる完組ホイールを探してみたのですが、操縦者重量と荷物を考えて信頼性の高いハブを射程に入れると高価なものが殆んどです。

そこでリムとハブを入手して「手組み」を…一度は考えました。
…が、やはりディスクブレーキでの組み方がいまいち理解できずにプロに頼んでしまいました。(^_^;)

製作は近所の『KON'S CYCLE コンズサイクル様』で、手数料も1本あたり3000円前後と格安です。

リムとハブを持ち込んで、ディスクブレーキで使う旨とスポーク・ニップルの仕様を選んで翌日には完成していました。

20160304190028e85.jpg
20160304190039eac.jpg

フロントは”逆イタリアン”(?)シマノ推奨ディスクブレーキ組みで、リアは”JIS”と頼んだつもりがカセット側は4本取りになっているようです。

詳細は不明ですがホイール組みに詳しい方がおられたら教えて頂けると嬉しく思います。

20160304190050e66.jpg
20160304190102a83.jpg
20160304190112826.jpg


※覚え書き

[DOPELGANGER 824 DUE] ●フレーム重量:3.5kg(ヘッドセット含む)
            ●フォーク重量:1.1kg(下玉押し含む)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。