自己紹介

大源

Author:大源
Yahoo!ブログから引っ越してきました。
なにやらチョコチョコと工作しているので、気が付くと写真を撮ってる暇がありません。(泣)
更新時に変わっている部分が多かったら弄ってる証拠です。
嫁自転車も嫁が乗ったときの要望でチョコチョコと変更されておりますが、仕事に乗って行っている為に写真を取れていません。


※ちなみにサムネイルの
〔安全╋第一〕はネタ用に購入して前かごに取り付けたのですが、嫁さんの猛反対により押入れ入りしました・・・。(・・;)
長崎市出身:現在は京都市在住

人気記事ランキング
楽天からの物欲の囁き
ブロとも一覧
無料で食事付のバイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【正規実用型2号機】プロムナードハンドル・リアバスケット取付け

PAP_0020_20140831200427076.jpg
PAP_0019_20140831200426e4b.jpg

【正規実用型2号機】ですが、息子用に組み上げたもののたまに嫁が使うことになりフラットバーハンドルでは乗り難いとの要望があったので『プロムナードハンドル』に変更してみます。

更には買い物時にどうしてもリアバスケットが欲しいとの事なので、取り外しが出来るキャリアにバスケットをつけて息子の使用と互換性を持たせてみました。

PAP_0036.jpg
PAP_0035.jpg
PAP_0028.jpg
PAP_0030.jpg

現在装着中のハンドルは【局地仕様仮設5号機】〔DOPPELGANGER 802 intensity〕の純正ハンドルで、フレームのアウトレット品をオークションで落札した際にくっ付いてきたものです。

その他の付属品はサイクリーに売却して軍資金に充てましたが、さすがにこのハンドルは・・・あまりにも雑なつくりのステムに単なるパイプな鉄製ハンドルで推定買取額10円な為にそのまま在庫品として使っていました。

新しく導入する『プロムナードハンドル』はサイクリーで中古で叩き売られていたもので《beam》というメーカー製。

PAP_0019_20140831200426e4b.jpg

普通のママチャリのカモメハンドルでも良かったのですが、アルミの軽量なものに憧れて今回使ってみました。

ステムは高さを稼ぎたいのと、息子と嫁の体格差をカバーすべくアジャスタブルステムを導入。

本来はスレッド式のアジャスタブルが欲しかったのですが、黒色がどこを探しても出回っていなかったためにクランクフォワード化によって使わなくなった【試験初号機】のX-TASYアジャスタブルステムをドミノ倒し式に使用しました。

PAP_0026.jpg
PAP_0024_201408312004377a6.jpg
PAP_0022_20140831200436092.jpg

スレッドコンバーターはメーカー不詳で同じく【試験初号機】に使っていたものです。

PAP_0015_20140831200424558.jpg
PAP_0013_2014083120042361a.jpg

グリップ・ブレーキレバー・内装3段変速機はフラットバーからそのまま移植できましたが、ブレーキケーブルの長さが長さが足りなくなったためにインナー・アウター共に交換します。

PAP_0000_201408312004069d0.jpg

ステムに着けていたドリンクホルダーはハンドルに移植。
ステムには前カゴの重さによってハンドルが回転してしまうのを防ぐロックを導入予定です。(【試験初号機】には導入済みの装備)


PAP_0003_201408312004075a7.jpg
PAP_0004_20140831200409e18.jpg

リアバスケットはサイクルベースあさひで購入してきた格安のもの。
オークションで手に入れたシートポスト取り付け式の軽量キャリアに固定しました。

サイドバッグ用のフレームもあるので、いずれは大量積載仕様にしても面白いのでは?と考えています。



さて、これで一旦試走・・・。



ですが、フロントのチェーンリングが42丁のために内装3段の「スタート(軽)」にしていても踏み出しが重くなります。

後の2段は更に重くなるので買い物帰りは不便なことこの上ない自転車になってしまい、実用性に欠けます。

そこでリアスプロケットを14Tから16Tへ歯数を増やしてギア比の変更を行います。

PAP_0011_20140831200421001.jpg

リアのスプロケットをサイクルベースあさひで購入してきました。

PAP_0008_20140831200411ea9.jpg
PAP_0006_20140831200410e99.jpg

交換は簡単で、Cリングという金属製の切り欠きの入ったワッシャを小さなマイナスドライバーでこじって外すだけです。

嵌める時は両手にマイナスドライバーを持って、Cリングの端っこを先に溝に引っ掛けて6箇所あるくぼみの対角線上の窪みにマイナスドライバーを引っ掛けてテコの原理でクイッっと広げて嵌めるだけです。

今回はついでなのでパーツクリーナーで清掃してグリスアップしておきました。


これでサドルを目一杯下げれば嫁仕様、キャリアごとリアバスケットを外してサドルを上げれば息子仕様と使い分けが出来ます。


どこかにこんな感じのステムの黒色が売ってないかなぁ・・・。
31YXX+dWwBL.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。