自己紹介

大源

Author:大源
Yahoo!ブログから引っ越してきました。
なにやらチョコチョコと工作しているので、気が付くと写真を撮ってる暇がありません。(泣)
更新時に変わっている部分が多かったら弄ってる証拠です。
嫁自転車も嫁が乗ったときの要望でチョコチョコと変更されておりますが、仕事に乗って行っている為に写真を取れていません。


※ちなみにサムネイルの
〔安全╋第一〕はネタ用に購入して前かごに取り付けたのですが、嫁さんの猛反対により押入れ入りしました・・・。(・・;)
長崎市出身:現在は京都市在住

人気記事ランキング
楽天からの物欲の囁き
ブロとも一覧
無料で食事付のバイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クランクフォワード・ロングテールバイク【Mark.09】積載物安定化計画②[DOPELGANGER 824 DUE]

前回に続いて積載物安定化計画を進めていきます。

欲しかった『OSB合板』9mm厚が入荷したので購入してきました。

一般には聞きなれない名称の木材ですが、建築用の内装に用いる耐水性のある合板です。

普通の板と違って木材の破片を接着剤で固めたものなので木目が無く、加工の際にも切断方向や荷重方向に捕らわれる事が少なくなります。
201703091430286cd.jpg

前回のステムとアルミパイプで造った骨組みに板を切断して乗せてみます。

20170413085225338.jpg
2017041308522759c.jpg
20170413085228ac9.jpg

前述したように木目が無い(規則性が無い)ので微妙な円弧状に切ったり削ったりも簡単に作業できます。

耐水合板ではありますが、荷台の天坂の色合いに合わせてウレタンニスを塗り込みます。

20170413085230501.jpg
20170413085231e92.jpg



ニスが乾燥するまでに本体のステム&パイプ製簡易フレーム側にも細工を施します。
20170413085355359.jpg
201704130855032c9.jpg
20170413085357865.jpg
20170413085358b56.jpg

本体フレームの意匠に合わせて革を巻き付けてみました。
刻印にメーカー名を勝手に使って純正(?)品風に…訴訟を起こされないようにコッソリと。



革細工が済んだら木工細工の続きです。

20170413085742cc4.jpg

位置を確認しながら板を固定します。

固定はパイプ用のサドルを利用して、ガタツキ防止にネオプレンの板を挟んでいます。

20170413085744110.jpg
20170413085745341.jpg

裏から見ると建築部材ですね…。
自転車などを構成するパイプ材はインチ材が一般的なので、普通に建築構造材などを流用することが出来ます。

下の増設簡易フレームが組み上がったら本体の荷台を組み付けます。

20170413085747385.jpg
20170413085748f08.jpg
20170413094352b01.jpg
20170413094357b5a.jpg

日曜大工で作ったテーブルとベンチの様な造作です。

ついでに100均製のメッシュラックも黒に塗装して目立たなくしてみました。

ロングテールバイク【Mark.09】積載物安定化計画①[DOPELGANGER 824 DUE]

ロングテールバイク【Mark.09】[DOPELGANGER 824 DUE]ですが、荷物の積載に際して重量物の場合(灯油のポリタンクに18l積載)荷物が不安定でVラックが傾斜するという不安材料が出てきました。

もちろん市販品にはそれを補うための純正オプション品が販売されてはいるのですが、本体価格と照らし合わせると高価すぎる印象があるので自作してみようという計画です。

ちなみに純正オプションには以下のようなものがあります。

XTRACYCLE WIDELOADER
純正積載量増加の代表

XTRACYCLE U-TUBES
上のWIDELOADERと同等の強度をほこりつつやや小型化

XTRACYCLE U-TUBES – LT2
U-TUBESの仕様違い(2016年以降に対応)

どれも1万円強と安心感はありますが、自己責任で対応するなら自作でも良いでしょうという割り切りです。

材料は簡単に入手出来て、加工にドリルなどの機械工作を極力必要としないものを考えました。

以前に純正オプションで面白いと思っていた商品があり、取り付け基部のアイデアはそこから頂きました。

XTRACYCLE SIDECAR
201703091501174a7.jpg201703091501188c6.jpg

本体のパイプが1インチなのを利用してノーマルサイズのスレッドステムを差し込んで荷台の基部に利用しています。

そこで同じ方法でステムを差し込んで荷台を延長しようという試みです。



案が決まれば早速材料を調達します。

20170309143603fb2.jpg
20170309143600b22.jpg
2017030914360110c.jpg
2017030914345055c.jpg
サイクリーで見つけた同じサイズのステムを4本とアルミの1インチパイプの1mを2本(アルインコ製HP-401KS:最初から艶消し黒に塗装されています)イス脚キャップ×4個。

これと別に合板が必要ですが、それは後半で。まずは骨組みのみです。

2017030914310487d.jpg

干し柿のように軒先にぶら下げて塗装します。

本体と同じようにプライマーの後に隠蔽力が高いクリエイティブカラーの艶消し白を使いました。


後はフレームの穴にステムを差し込んでパイプを通すだけ。
長さはパイプカッターで調節して、両端にイス脚キャップで保護します。

20170309143030772.jpg
20170309143029022.jpg
20170309143025d0d.jpg
2017030914302782d.jpg
201703091430286cd.jpg

この後、ステムの上にニスを塗った合板を渡して完成の予定です。

希望の厚みの合板が品切だったために続きは中旬以降となりそうです。

革細工

201701041114357f1.jpg
20170104111436a1b.jpg
革細工革細工その2革細工その3革細工・木工細工以来、革で工作することが増えて、手縫いのための「レーシングポニー」なるものを自作してみました。

材料は小屋を作ったときの端材が主で、蝶ネジやスプリングを調達しても1000円以内の工作でした。

まずは嫁から頼まれたレザークラフト初心者の定番!『ブックカバー』を作成。
2017010411321077b.png
20170104113213bc5.png
201701041132116c0.png

厚みが調整できる仕様にと依頼があったので厚み調整機能と”しおり”と”付箋入れ”を設けてみました。


そして自分用の『おくすり手帳いれ』を作成。
201701041129336b0.jpg
201701041129348f3.jpg
20170104112931a9d.jpg

薬局から「おとこのこだから青い手帳ね!」ともらったのは良いけど、50歳近くなって”おとこのこ”なんて言われるとは思ってもいませんでした。かなり年配の窓口のお姉さまでしたが(笑)

「縁かがり」に挑戦してみたかったので安価な床革とヌメ革紐で作ってみました。
窓の透明部分はテーブルクロス用の0.2mmビニールシートです。


そしてまたも嫁からのリクエストで同じく『おくすり手帳いれ』を作成。
20170104113204c61.png
20170104113208195.png
2017010411320792b.png
『ブックカバー』の時に手に入れた革の残りを最大限に使い切って、カード入れ6ヶ所とまち付きポーチ&ファスナーポケットの豪華仕様に!
特定難病を患っているために持っていく手帳やらカードも多くてこのような仕様になりました。


そして床革の半裁を手に入れたので、作業用の『腰袋(釘袋?)』を作成。
20170104111431b5c.jpg
20170104111432f62.jpg
201701041114297a0.jpg
20170104111433c6f.jpg
カッターとペイントマーカーの使用が主なのでその2点を収納できて、カッターは厨二病が抜けきれないため”ダガー”風に横に引き出せる仕様にしました。

カッター本体は《オルファ リミテッド》!!



更に刃は《チタンブレード》!!


カッターポケットに名前を刻印しているので一部画像処理をしていますが…。

糸の色合いは嫁のアイデアでエンジ色を使用してみました。
カッター入れとペン入れの内側(裏地)には同色のエンジ色のフェルトを貼り込んでいます。

そんなこんなで暫くは革細工な生活が続きそうです。



ロングテールバイク【Mark.09】ギア比変更とチェーンガイド装着[DOPELGANGER 824 DUE]

20170104094725af0.jpg

組み上げてから通勤に使い続けているロングテールバイク[DOPELGANGER 824 DUE]ですが、組み付け時のスプロケットはSHIMANO CS-HG50-8《V》を使用していました

SHIMANO CS-HG50-8 13-26T

価格:2,320円
(2017/1/4 10:00時点)
感想(0件)




歯数の構成は 13・14・15・17・19・21・23・26 と平地の京都の通勤路では大変重宝していました。

しかし徐々に欲が出てきて15~17間のシフトショックが気になり出し、CS-HG50-8《T》の装着を夢見るようになってしまいました。

そこで年末年始の休みを利用して交換作業を行いました。

購入したCS-HG50-8《T》の歯数構成は 13・14・15・16・17・19・21・23 と上の軽いギアを犠牲にして13~17まで1丁の歯数になっています。


SHIMANO CS-HG50-8 13-23T

価格:2,430円
(2017/1/4 10:07時点)
感想(0件)




フロントは3枚の構成で42(?)・32・22だったはずなのでミドルギアを使って市街地のノロノロ走行でも支障が無いギア比です。

個人的にはママチャリ並みの14丁から始まるギアが理想なのですが、現行の商品には見かけることが出来ません。

これで年末年始と買い物に疾走してみましたが、灯油缶で18lを買いに行っても変速も気持ち良く軽やかに買い物に行けます。

更にチェーンの安定を図って海外から取り寄せた商品も取り付けてみました。

⇒記事の続きを読む

ロングテールバイク【Mark.09】CARTON CAGE装着[DOPELGANGER 824 DUE]

通勤特別仕様ロングテールバイク【Mark.09】[DOPELGANGER 824 DUE]にCARTON CAGEと装着しました。

CARTON CAGE カートンケージ

201612262122523ba.jpg

20161226212250d56.jpg

なんぞや?と思われるでしょうが、要は牛乳パックのような紙パック専用のドリンクホルダーです。

ワイヤーのテンションでしっかりとホールドされていて、凹凸のある道路を走ってもパックが飛び出ることはありません。
たまにストローからピュッと内容液が飛び出すことはありますが…。

画像は500ml容器ですが1000ml(1l)容器も搭載可能で、運転しながらでも飲もうと思うと飲めます。(^^)d
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。